エルム街の悪夢

エルム街の悪夢は1984年にウェス・クレイブン監督の第一作が公開され、2003年までに8作目まで製作されているが、7作目『エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア』と8作目『フレディVSジェイソン』は番外編の位置付けである。それらの作品は、殺人鬼フレディ・クルーガー(Freddy Krueger)が夢の中から人々を襲う内容となっている。

『エルム街の悪夢』は、同じホラー映画として、『13日の金曜日』や『ハロウィン』と並べて評価される事が多い作品であり、フレディは13日の金曜日の殺人鬼ジェイソンやハロウィンの殺人鬼ブギーマンとは別の恐怖を与える存在である事が、比較される要因のひとつとなっていると思われる。3作ともに1980年代に人気を博したホラー映画といえる。2003年には、この3人の殺人鬼の内、フレディとジェイソンの対決が描かれる『フレディVSジェイソン』が公開されている。アメリカでテレビシリーズ(Freddy's Nightmares)も制作されるほどの人気を獲得したが、映画作品としての評価が高いのは第1作目で、続編が作られていく度に当初のテイストから離れていったために、その出来に不満を持つものも少なくなかった。

フレディを演じるのは、シリーズを通じてロバート・イングランド。シリーズ作品以外にも、バラエティ番組『ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば』で、パロディキャラクターのフレディくん(演:南原清隆)と共演した時や、『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』にフレディが登場した際にも、ロバート本人が演じていた。第1作目は、ジョニー・デップのデビュー作品でもある。


恐怖動画 恐怖動画リンク集



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。