13日の金曜日

13日の金曜日(じゅうさんにちのきんようび, Friday the 13th)は、アメリカ合衆国製作のホラー映画。1980年公開。監督・製作はショーン・S・カニンガム。脚本はヴィクター・ミラー。

13日の金曜日は略して『13金』とも言われる。代表的なスプラッター映画である本作は、1980年に第1作が公開され、最も人気のあるホラー映画の一つとなり、2004年までに11の続編が作られている。これらの作品の多くは、殺人鬼(サイコキラー)ジェイソン・ボーヒーズ(Jason Voorhees)が主人公となっている。

また、同じホラー映画である『ハロウィン』や『エルム街の悪夢』と並べて評価される事が多く、ジェイソンはハロウィンの殺人鬼ブギーマンやエルム街の悪夢の殺人鬼フレディ・クルーガーとは別の恐怖を与える存在である事が、比較される要因のひとつとなっていると思われる。これらの3作は、共に1980年代に人気を博したスプラッターホラー映画といえる。

第1作から第5作「新·13日の金曜日」までは、一応一貫したストーリーをもっており、特にジェイソンは異形の怪人ながら、若干人間らしさも持ち合わせていた。また演出面では、残酷描写もさることながら、ジェイソンによってオブジェのように飾られた死体が突然現れたり、殺人鬼の迫り来る恐怖を煽らせる光景、主人公側の機転による反撃などが描かれ、単なるスプラッターではない古典的ホラー映画本来の面白さを兼ね備えていた。しかし第5作を無視した(全く繋がりのないパラレル・ストーリー)第6作の落雷による復活以降は、何をしても死なない怪物の圧倒的なパワーが強調して描かれるようになり、作品としては大味かつ荒唐無稽なものとなっている。第8作「ジェイソンN.Y.へ」ではジェイソン自体のキャラクター性が変化し、川で溺れた恨みとも取れる描写がされている。少年ジェイソンは奇形児であったり、なかったりとバラバラである。主人公のトラウマも前作とは全く関係を持っていない。

現在、第12作がマイケル・ベイによって製作中であり、2007年公開であるとされるが、真相は明らかになっていない。[1]殺人鬼ジェイソンの起源に迫る内容になっているとも噂されている(w:Friday the 13th (film series)にも詳しい)。


ジェイソン・ボーヒーズ
この殺人鬼の特徴として、「ホッケーマスク」と「不死身の身体」のふたつが挙げられる。しかし、初登場の第2作目では、穴のあいた布袋を被ったつなぎ姿であり、ホッケーマスクをつけるのは第3作目からである。マスクや布袋で素顔を隠しているのは、顔に先天的な奇形があったのが理由とされている。これは『エレファント・マン』のオマージュであるらしい。また不死身の身体になったのは第6作目からである。

彼はさまざまな道具を使い、多様な殺害方法を試みている。主として使っている凶器はナタだが、ホッケーマスクを被ってからは怪力だけで相手を殺害する事もある。毎回どんな方法で殺害するかというのも、本シリーズにおける楽しみ方の一つとされる。ジェイソンの武器がチェーンソーという間違った知識が広まっているが、ジェイソン自身はもちろん、第1作のパメラや第5作のロイもチェーンソーで人を殺したことは全くない。動力付きの武器を使ったのは、円形の刃の付いたエンジン芝刈り機だけである(ただし、被害者にチェーンソーで反撃を受けたことはある)。おそらく、レザーフェイスとの勘違いが広まったものと、ジェイソンがあらゆる物で人を殺しているので、チェーンソーで殺す事も十分ありうるというファンの想像によるものと思われる。他にもチェーンソーを武器にしたのは『死霊のはらわた』シリーズにおいてブルース・キャンベルが演じた主人公アッシュが有名。

この影響によってなのか、パロディ作品の一つである「ジェイソン」に登場するホッケーマスクの殺人鬼(ジェイソンではない)は、チェーンソーを凶器にしている。


恐怖動画 恐怖動画リンク集


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。